出会い系サイトで実際に合ったトラブル例

deai-0213-01

トラブルのほとんどが金銭的な詐欺

出会い系サイトは、出会いの少ないとされる男女をネット上のSNSサイトを提供することでやりとりを行い、男女が出会えるきっかけを作るサイトである。実際には以前よりトラブルが多いのが実態となり、異性と出会いたいという欲求を逆手にとっていることから被害に遭う人も後を絶たない点がある。
一時期は社会問題化されていたことで、各種報道でも取り上げられ、現在では詐欺に引っ掛かることも少なくなったが、ただ無知な方や未熟な方の場合、詐欺にかかるケースもある。まず実際に出会い系サイトで起こったトラブルには、金銭的な詐欺が多く挙げられる。
サイト側が絶対に会うことが出来ないサクラを用いて異性にメールを直接的に送り付け、それによってやりとりを行う中でポイントを消費させる手口である。実際には会うことが出来ない存在であるため、どんなに金銭をはたいてポイントを購入してやりとりしても会うことができず、利用料だけが莫大に膨れ上がるのだ。
また新たな手口では震災に遭遇したので助けてほしいといって金銭をだまし取る手口、サイトに登録しただけで高額な金額を給付するので、その手続きのための費用の数千円の負担が発生するとして、それを納めてほしいとだまし取る手口などがある。

トラブルに巻き込まれないためのポイント

最近の傾向としては、ネットビジネスが存在するため、そういった利益誘導を出会い系サイトを用いることで行うケースが多くなっている。また以前よりサイトを利用しただけで、高額な利用料を一方的に請求されるなどのトラブルも根強く残っている現状がある。
なおサイトをきっかけとして出会いに至らないまでのケースで詐欺が行われているのが大きな特徴だが、実際に出会った方でも金銭を要求されたり、助けてほしいなどと言われて出会うケースもまれに見られる。人が良いことを付け込んで詐欺まがいのケースに至ることもある。
ほとんどが金銭をだまし取る詐欺被害を主としており、国民生活センターの出会い系での相談件数で多いのは詐欺事犯に偏っている。もっともさらに発展して殺人・強姦・恐喝・児童買春などの被害のケースもあったほどで、どういった異性が登録しているか解らないため、注意をしながら利用することが最も重要となる。
また登録する上では住所や電話番号、名前の登録が必要として、そういった情報を吸い上げて、犯罪に利用されるケースもあるのだ。従って口コミなどでも評判があり、運営実績が豊富な所を選択すること、個人情報の登録はむやみにしない様に心がける必要があるだろう。