今の日本の結婚適齢期とは?

データ

男性と女性が考える適齢期の違い

最初に言っておきたいのが、結婚適齢期というのは時代や社会背景によって変化するものなので、科学的根拠や医学的根拠は必要がないということである。その上で日本の結婚適齢期というのは、大体男女ともに30歳前後となっている。女性は男性よりも若干平均年齢が下となっているが、男性が考える適齢期と女性が考える適齢期にも違いがみられると言われている。女性は妊娠、出産があるため、それを考慮しての年齢だと考えられるが、現在は女性の社会進出により晩婚化が進んでいるのも事実だ。また、世界では先進国ほど男性の初婚年齢が高くなっている。しかしながら、結婚適齢期のデータが必ずしも正解というわけではないので、焦らないことが必要となる。特に女性は昨今仕事や出産、育児など選択肢が多くて迷いがちなので、明確な意思を持つことが必要となってくる。パートナーとの将来を考慮し、仮に子供が欲しいという場合はやはり35歳が一つの目安となるだろう。現在は35歳以降の女性や40代の女性も出産する人は多いが、リスクはそれなりにあるのでパートナーとの子供のことを考える場合、女性は35歳くらいまでということは考慮しておきたいところだ。しかし、日本にも様々な事情の人々がいる。仕事だけでなく親の介護や自信の病気などで一般的に適齢期と呼ばれる年齢を過ぎてしまうこともある。

幸せな結婚ができると感じたときが適齢期なのかも

適齢期というのはあくまで目安であり、絶対ということはないので焦らないことも大切となる。パートナーとの出会いや縁がやってくる時期というのは人により様々なので、あまり世間一般の噂や周囲に振り回されないことが大事だ。また、早々に出会って結婚しても離婚してしまう人も多いので、焦らずタイミングを見極めることが必要となる。男性も女性も収入や貯金などの経済力も必要だが、一番の決め手はこの人と一生を共にできるかもしれないという直感が働いた時が適齢期と言えるだろう。そのため、結婚する年齢が遅くなったとしても、縁とタイミングが大切となり、人生の中で大きな決断を下せる時が適齢期となるわけだ。出産について年齢制限があるのは仕方のないことだが、日本は結婚についても、そのほかさまざまな面でも年齢を気にする傾向もあると考えられる。ただしあまり年齢を気にしても幸せにはなれないだろう。幸せになれると直感できたそのタイミングが、適齢期と呼べる年齢となるのだ!